つみたてNISAは少額での資産形成が可能で、投資初心者から人気があります。

つみたてNISAとは

NISAと書かれた置物

「つみたてNISA」とは、少額での投資を支援する非課税制度です。
日本に在住している20歳以上の国民ならば誰でも利用できる上に、投資による売却益に対して掛かる20.315%という税金が一切免除されるため、投資初心者を初めとして高い注目を集める制度となりました。

 

 

一般NISAとの違い

NISAにはつみたてNISAの他に“一般NISA”と“ジュニアNISA”があります。
成人している方ならば、つみたてNISAと一般NISAのいずれかへの加入が可能です。
両者には「年間投資限度額」「非課税期間」「新規の投資を行える期間」などの制度的な違いがあります。

 

つみたてNISAのメリット

メリットを掲げる女性

つみたてNISAと一般NISAのどちらに加入してもメリット・デメリットがありますが、つみたてNISAならではのメリット・デメリットにフォーカスして確認していきましょう。

 

少額から始められる

 

つみたてNISAは、証券会社を選べば最小100円という少額から投資を始めることができます。
一般的な株式を購入しようと思った場合はまとまったお金が必要ですが、つみたてNISAでは心配する必要はありません。

 

買い付けの手間がない

投資と言えば買い付けです。一般NISAでは一括買い付けの選択も可能なため、投資商品に対する知識が必要になります。
しかし、つみたてNISAは良くも悪くも買い付けの選択肢がないため、投資商品に対する深い知識や経験を必要としないのです。

 

長期投資が可能

一般NISAでは、新規に投資できる期間が2014年~2023年までの10年間設定されています。
一方で、つみたてNISAでは2018年~2037年の20年間で新規投資が可能なため、少額ながらも長期的な節税効果が見込める制度です。

 

つみたてNISAのデメリット

デメリットに悩む女性

元本割れのリスクがある

つみたてNISAの投資商品はどれも金融庁が厳選したばかりです。
しかし、そもそも投資信託やETFには元本の保証がないため、制度を利用した投資でも元本割れのリスクは考慮しておかなければいけません。

 

利益と損失を中和できない

“損益通算”と言う考え方は、つみたてNISAにはありません。
この場合の損益通算とは、個人における全投資先の利益と損失を合計して税金を計算すると言う考え方です。
仮に他の証券会社で損失が大きく出ても、つみたてNISAの利益と相殺して税金を緩和することはできません。

 

一般NISAと併用できない

つみたてNISAを活用している場合は、一般NISAを活用することはできません。
同時に加入して非課税枠を増やそうという考え方をお持ちの場合は、注意しましょう。

 

投資経験が少ない人の資産形成に向いている

つみたてNISAはNISAの中でも少額投資に特化した制度です。
投資商品についても知識も多くは求められないため、あまり投資経験のない人に向いています。
この機会に投資に挑戦してみたい初心者の投資家は、是非とも注目したい制度なのではないでしょうか。