確実に貯金に成功するために、先人のコツを学びましょう。

1,000万円の貯蓄は夢ではない

貯金箱を持つ人

ローン返済・開業・世界旅行…。人生を有利に進めていくためには“貯金“が重要です。
しかし、普通に生活していてもあまりお金は貯まりません。
それどころか、結婚し、子供が生まれるたびにお金がどんどん減っていく一方です。

 

そのような中で、世の中には確実に貯金を作り上げられる家庭もあります。中には“1,000万円”以上貯めている人も見受けられるほどです。

 

多額の貯金を築き上げた人は、果たしてどのように貯金しているのでしょうか。
これから貯金生活を始めたい私たちは、実際に貯金に成功した人から“コツ”を学びましょう。

 

貯金額1,000万円に到達するためのコツ

家計簿を付ける

家計簿の記入欄

まずは家計の支出を把握するためにも「家計簿」を作成しましょう。
最初のうちはなるべく細かくカテゴリ分けをして、何にいくら使ったかをハッキリさせる意識を持つと成功に繋がりやすいです。
場合によってはキャッシュレスを活用すると、家計簿作成の時間も節約できます。

 

節約する項目を書き出す

家計簿の作成により家庭の支出が判明した段階で、節約項目を書き出した「チェックリスト」を作成しましょう。
例えば、夏場の電気代が高かったら「室内温度は28度を下回っていない」と言う項目を作り、家族全員でチェックすると有効的です。
項目をたくさん増やしていき、月末に達成できたか確認すると節約の実感が湧きます。

 

細かすぎる節約はしない

ここまでは厳しく原因を追及し、しっかりと行動に移す旨を紹介しました。しかし、厳しすぎる節約は精神面で健康的ではありません。
自分一人の節約志向が家族の士気を削がないように調整する心構えが大切です。
最も大きい支出である「ストレス」もしっかりと勘定に入れた節約をしましょう。

 

選択肢も節約する

金銭的な節約に繋げるために「思考」を節約しましょう。
激安の食品・衣料品を求めて車を出す距離のお店をはしごするより、近場のショッピングセンターの特売情報にピンポイントに目を向け、歩きで行ける範囲でお店を回る方が効果的な節約になる場合があります。

 

選択肢を増やしすぎて“頭もお財布も消耗してしまう”よりは、遙かに建設的です。

 

いきなり大きく削らない

節約は長期戦です。いきなり成果を求めて大幅に予算をカットするのはやめましょう。
これまで外食が多かったならば「外食の回数を減らす」、半年に1回旅行に行っていた場合は「1年に1回にする」、もしくは「格安航空を賢く利用する」と言った具合に、頭を使って節約する方向を模索しましょう。

 

日頃からお金を貯めるための意識を持つことが大切

電球マークの入った球

節約のやり方次第では1,000万円を貯めることも夢ではありません。しかし、短期間の貯金だけでお金を貯めるのは難しいです。
今回ご紹介したコツを常に意識し、長い目で見て“無理のない”節約を家族全員で協力して実践できると、気づいた頃には目標の貯金額に達成するのではないでしょうか。